Top > 葉酸サプリ > 妊娠しやすい体になることを目的に葉酸が必要!

妊娠しやすい体になることを目的に葉酸が必要!

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促し、先天性の障害を発症させるリスクを低減させるものだと言われています。

 

ですから、妊娠初期や妊娠前の女性には無くてはならない栄養素なんですよね。

 

ですが、いかに大切な栄養素であっても、摂取する量には気を配ってください。特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が入っているため、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。

 

葉酸を摂りすぎると、母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。

 

他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。

 

葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、適切に摂取を続けることで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。むかし流産しています。

 

その時は自分を責めて苦しかったのですが、しばらく経ってから、やっぱり子供が欲しいと思い、妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。

 

妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私は運動を始めてみました。

 

結果は、意外とうまくいきました。

 

新陳代謝が上がったため、基礎体温を上げることができ、冷え性が改善したんです。

 

葉酸サプリは無添加がおすすめ?

 

葉酸サプリ

関連エントリー
妊娠しやすい体になることを目的に葉酸が必要!胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素とは?葉酸を含む食品について調べる。お茶は妊活効果が高い?不妊の一因は冷え性?葉酸の過剰摂取には注意する!