Top > 彼女の親に挨拶 > 彼女の親に挨拶

彼女の親に挨拶

この春より、現在付き合っている彼女と同棲をしようということで、その旨を彼女の親御さんに報告し許可をいただけるように、彼女のお母様に挨拶をしに行った。 彼女の地元は大阪で、先に帰省していたため、私は後から一人で夜行バスを利用して現在住んでいる横浜から大阪に向かった。今までも何回か高速バスは利用しており、毎回3列シートのバスに乗っていたが、今回は3列シートの便がなかったため、4列シートのバスで大阪に向かった。初めて4列シートを利用したが、やはり狭く窮屈に感じたため1、2時間程度しか寝ることが出来ず、残りの時間は音楽を聴いたり、動画を視聴したりして時間を潰した。 バス内でなんとか時間を潰して朝8時くらいには大阪駅に到着したが、彼女のお母様と話し合うのは夕方だということでそれまでは彼女といろいろなところをふらふらして時間を潰そうということになった。まずは朝食を食べようということで、グランフロント大阪内にあるカフェで一緒に朝食をとることにした。「THE CITY BAKERY」というお店でモーニングメニューを注文し、食事をとりながらのんびりと過ごした。 その後、彼女が行きたいということで阪急百貨店で開催されていたバレンタインの催事場に行き、様々なチョコレートが売っている様子を2人で見て回り、最後にチョコレート味のソフトクリームを食べて百貨店を後にした。 その後は少しなんばを散歩し、その後彼女の知り合いが経営している洋食屋さんでランチをとり、そこでものんびり過ごした。 そして彼女の実家に向かい、お母様と3人で同棲することについて話しあった。お母様とは何度か会って会話したこともあったためか非常にスムーズに許可をいただけた。 夜は新世界で串カツの食べ放題に行き、彼女の実家のマンションにあるゲストルームに一泊した。 翌朝にはまた高速バスに乗り(今度は3列シート)、夕方には横浜に戻ってきた。 24時間程度の滞在だったが、非常に有意義に過ごしたが、それよりも往復がバスだったために肉体的な疲労が辛かった。

おなら臭い原因

彼女の親に挨拶

関連エントリー
彼女の親に挨拶